【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、市場の失敗が生んだAMR(多剤耐性菌)問題

(2019.09.05 08:00)1pt
宮田満

 まずは訂正です。「再生医療の本命ステミラックで生じるRapid Recoveryの謎」の記事で、ステミラックの脳梗塞の治験登録を中断していると書きましたが、現在も継続しておりました。謹んで訂正いたします。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/08/29/00507/?ST=wm



 2019年8月31日から9月1日まで、横浜で開催した日経アジア・アフリカ感染症会議では、官民協力(P3)の有効性が改めて確認され、タイとインドネシアのアジア2カ国に臨床試験プラットフォームを樹立するという私たちのP3提案に政府が来年度予算で支出することがほぼ決まりました。大きな前進です。さらに、大坂のG20でも議論された多剤耐性菌(AMR)の問題を解決すべく、第五の分科会(AMR)を設立することも決まりました。プル型のインセンティブなど、従来の研究開発促進策(プッシュ型)では、AMRは解決できません。隠れたグローバルイシューであるAMRをどう解決するのか? 衆知の集めどころです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧