日経アジア・アフリカ感染症会議で消耗、くたくたなので、本日は極めて短く参りますが、ご容赦願います。皆さんは、今、アフリカの空で既に輸血や血液サンプルの輸送でドローンが大活躍していることをご存知でしょうか? また、スマートフォンを使った遠隔診療などデジタルヘルスの分野でも、アフリカ諸国で実用化が急速に進んでいることを承知していらっしゃいますか? 今回、アフリカ開発会議に続いて開催した日経アジア・アフリカ感染症会議では、アフリカから講師も招いており、少なくともドローンやデジタルイノベーションが遙かに米国や日本より進んでいることに、目から鱗(うろこ)が落ちました。その理由を、皆さん、お分かりでしょうか?



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)