【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、明日突入するゲノム編集治療時代

(2019.07.30 13:26)1pt
宮田満

 いよいよ第三世代のゲノム編集技術CRISPR/Cas9のin vivo遺伝子治療が、世界で初めて明日(2019年7月31日)から患者の登録を開始します。今までゲノム編集技術は体外で細胞を処理して、再移植するex vivoの遺伝子治療が2016年から中国Chengdu大学(肺癌に対するTCR細胞療法)と2018年8月からドイツでスイスCRISPR Therapeutics社・米Vertex社(鎌形赤血球症)が、それぞれ臨床研究と治験に着手していました。Ex vivoとin vivoの両方の治験が始まったことで、遺伝子治療も本格的なゲノム編集治療の時代へと、まさに変貌し始めたのです。



◎参考記事

天才Feng Zhang氏の第2、第3のゲノム編集ベンチャーの狙い

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/07/11/00358/?ST=wm

侮れない研究水準、パンドラの箱を開けた受精卵ゲノム編集

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/28/00401/?ST=wm

遺伝子治療を変えたAAVに強力なライバル出現

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/02/09/00309/?ST=wm

使い分けの時代に入った、ゲノム編集

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/04/19/00194/?ST=wm

世界初のCRISPR-Cas9遺伝子治療をRACが承認

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/06/22/00066/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧