【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、新たな癌治療を拓く局所神経操作の実態

(2019.07.16 12:30)1pt
宮田満

 癌の増殖を自律神経が左右する。昔から慢性的なストレスを受けている患者の癌の進展が速かったり、癌の発症リスクが高かったりすると医師たちの間で経験的に知られていたことを、とうとう分子生物学的に確かめることに成功しました。しかも、癌の増殖は交感神経による免疫チェックポイントの増強と抑制性T細胞の活性化を通じて起こることも示唆されました。免疫系と並び、人体の恒常性を維持するシステムである神経系が癌の病態に深く関与することを証明したまさに画期的な成果です。現在、癌治療では免疫チェックポイント阻害薬が全盛ですが、癌の神経医療という新しいジャンルが生まれる可能性があります。腎性高血圧や慢性疼痛など幅広い疾患治療に実践されている神経医療が癌にも応用されようとしているのです。この研究は岡山大学大学院医歯薬学総合研究科細胞生理学分野の神谷厚範教授、東京医科大学医学総合研究所の落谷孝広教授、国立がん研究センター、福島県立医科大学のグループの成果です。Nature Neuroscienceオンライン版に2019年7月8日に発表されました。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧