2019年5月22日、ノバルティスが商品化したキメラ抗原受容体T細胞(CART細胞)療法「キムリア点滴静注」(一般名:チサゲンレクルユーセル)が薬価収載されました。一回の投与で、3349万3407円と高薬価ばかりが報道されていますが、再発又は難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)および再発又は難治性のCD19 陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者の特効薬であり、ピーク時でも患者は300人を超えない見込みです。保険医療財政に対する影響は少なく、むしろこのイノベーションがヒトの宿命であった癌を駆逐する突破口を開いたことをもっと評価すべきだと思います。勿論、第一世代のCART細胞には限界があります。商品化成功とはしゃぐ陰では、もう第二世代のCART細胞の開発が始まっています。先月、タカラバイオが注目すべき技術導入を行いました。

https://www.novartis.co.jp/news/media-releases/prkk20190522

◎参考記事

次世代CARTが満たすべき6条件

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/07/00395/?ST=STwm





 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)