これから札幌に向かう機中で皆さんにこのメールを書いています。常識は常に破られるためにありますが、私が妄信してきたRNAは化学的・物理的に弱く、DNAはその対極を成す安定な分子だという常識が破られました。2019年5月2日、英Gurdon Instituteのグループが、その成果を発表しました。DNAによる世代間の情報に垂直伝播に加えて、安定なRNAによる情報の水平伝播をもっと研究する必要が出てきたのです。昨年、ドイツBayer社に買収される前に米Monsanto社の研究を調べたら、彼らがRNAを農薬として開発すべく研究に注力しているのを知り、当時は全く頭の中が???だらけだったのですが、今回の発表を知り、その理由が分かりました。RNAはどうやら農薬だけでなく、医薬品やワクチンにもなりそうだと期待が膨らんできました。新しいモダリティとして注目すべきかもしれません。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)