一部の遺伝的背景がある場合を除き、生活習慣病(喫煙者の肺癌とピロリ菌感染による胃癌など予防可能な癌も含む)は薬で治すのは邪道であると、心から思っています。むしろ、患者やリスクのある生活習慣にさらされている人の気づきと行動変容によって、糖尿病や高血圧、肺癌などの生活習慣病の症状を緩和したり、予防したりすることこそが王道であると考えています。今ではブロックバスターという砂上の楼閣のような市場は消え失せて、創薬の主力が標的遺伝子変異や活性不全などを対象とした根本治療に向かっていることは慶賀すべきことです。生活習慣病のブロックバスターは、自立的な行動変容を退け、自らの健康に責任も持たない堕落を人間にもたらし、医療費破たんの導火線に着火したというのは言い過ぎでしょうか?少なくとも、正しい知識と行動変容を導く何らかの手段が、健康に責任を自ら負う21世紀の市民を育むと願っておりました。そして、それを実現する手段、デジタル・セラピューティックス(DTx)がとうとう登場しようとしています。米国ではこの分野の投資が急増しています。今月開催されたベンチャー企業のピッチにブロックバスター東京と名付けられていることを見て、愕然としましたが、もうこんな時代ではありません。最新のDTx の動向をお伝えします。


◎関連記事


人口10万の都市と大都市の健康科学の差は何か?


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170922/?ST=wm



  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)