春は妄想をするには良いシーズンです。このところの妄想は、いよいよ1細胞生物学が次の段階に進み、マルチオミックスが可能になりつつあるというものです。1細胞毎にマルチオミックス解析ができるようになれば、生命を構成する細胞社会の謎や原理を解ける他、細胞医薬の品質管理や改良にも貢献できると考えます。しかも1細胞解析を重畳することによって、動的な細胞の分化・脱分化プロセスも把握することができるのです。バイオの新しい基盤技術が春の芽生えを迎えています。

◎関連記事

生命現象を静止画から動画に変えるSCB


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140619/177101/?ST=wm

一細胞生物学がiPS細胞研究に与えた衝撃


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131205/172733/?ST=wm



  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)