【日経バイオテクONLINE Vol.3128】

Mmの憂鬱、Aducanumabの蹉跌、Aβ仮説に未来はあるか?

(2019.03.26 08:00)1pt
宮田 満

 米Biogen社とエーザイが共同開発していた抗Aβ抗体、AducanumabのフェーズIII試験(ENGAGE試験、EMERGE試験)を2018年3月21日に中止したというニュースは、世界中を驚かせました。Biogen社の株価は28%下落、エーザイも何故か19日火曜日朝から下落が始まり、発表を受けた金曜日にストップ安となり、25日月曜日もストップ安、気配値は先週末より19.83%下落の6065円に修正されました。株価下落がどこまで続くか見通せない状況です。フェーズIの治験成績をNature誌が掲載したほど、もてはやされたAducanumabの何が悪かったのか? 近くNatureもやり過ぎをわびると思いますが、詳細なデータが公表される前に、仮説を立てて見たいと考えます。

◎関連記事

アルツハイマー病、土壇場のAβ仮説、薄弱な臨床基盤


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/03/14/00171/?ST=wm

日英認知症会議報告、アルツハイマー病に新たな創薬標的出現


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/03/20/00320/?ST=wm

FDAが公表した早期AD新薬開発ガイダンスに見る、治験の壁


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/02/26/00313/?ST=wm

アルツハイマー病の予防薬開発元年を迎えた


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/08/24/00090/?ST=wm

アルツハイマー病新薬開発の夜明け


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20151005/187785/?ST=wm

βアミロイド仮説ではアルツハイマー病克服は困難? 古くて新しい新標的はこれだ


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150810/186828/?ST=wm

アルツハイマー病の関連遺伝子5種、新たに発見


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/03/05/00426/?ST=wm

エーザイがアルツハイマー病の治療薬として抗アミロイドβ(Aβ)抗体、BAN2401の臨床開発を開始


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0311/?ST=wm

アミロイドβとアルツハイマー病の関連は?


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0141/?ST=wm



  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧