【日経バイオテクONLINE Vol.3119】

Mmの憂鬱、siRNA医薬第1号を商品化したAlnylam社CEOが明かした成功の秘密

(2019.03.12 08:00)1pt
宮田満

 昨日の朝、15年ぶりに米Alnylam Therapeutics社の最高経営責任者(CEO)であるJohn Maraganore氏(以下、敬称略)にお会いしました。少しだけ髪の毛に白いものが増えましたが、相変わらず精力的にsiRNA創薬のパイオニアとして活動していました。1998年にRNA干渉という生命現象が報告されてから程ない2002年に、Johnは創設されたばかりのAlnylam社のCEOに就任。以後、苦節16年の歳月をかけて、とうとう2018年8月10日に、米国で世界初のsiRNA医薬「Onpattro」(パチシラン)を発売したパイオニアです。最大の疑問は、RNA干渉という先端科学の事業化に、なぜJohnが成功できたのか?でした。率直に伺うと、こんな答えが返ってきたのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧