抗体医薬開発にも剤型工夫の波が押し寄せました。患者さんにとってより使いやすい抗体製剤の開発は今後のトレンドになったのです。2019年2月28日、米食品医薬品局(FDA)が販売を許可した「Herceptin Hylecta」(米Genentech社)が剤型工夫抗体薬の2番目の商品化となりました。これは、ある種の酵素製剤との合剤です。まさに、合わせ技一本でした。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)