今朝の新聞の一面にはCART細胞療法とDNAプラスミド医薬に専門部会での販売承認のニュースが躍っています。今週は日本のバイオにとって1つの変曲点となるかもしれません。昨日は自家骨髄由来間葉系幹細胞「ステミラック」の薬価が1500万円弱に決まった日でもあります。また、22日まで厚生労働省がゲノム編集を応用した食品等の食品衛生法上の取り扱いについて、パブリックコメントをしています。どうやら大きなバイオ革命の波に再び、我が国が洗われようしています。本日は今後、最も大きなインパクトを示すであろうゲノム編集の規制について論じます。


◎関連記事


やっと出たゲノム編集規制素案の賞味期限


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/07/13/00359/?ST=wm


ゲノム編集と誤認していたSPTは、ゲノム編集規制の前例となるか?


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/10/03/00384/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)