先週の金曜日のバイオファイナンスギルド(バイオのライセンスと投資家の勉強会)のテーマは中分子薬でした。このテーマは初めて取り上げました。東京大学の菅教授とペプチドリームの舛屋副社長、そして将来、中分子が直面するバイオアベイラビリティーの壁を超越するために必要な糖鎖結合技術を持つ、糖鎖工学研究所の朝井社長が講師として参加する豪華なラインアップとなりました。議論は白熱化しましたが、この勉強会は他言無用の完全クローズドなので、今回は私がこのセミナーのためにまとめた、中分子薬の現状と問題に絞って述べたいと思います。本当に中分子医薬の時代がやって来ようとしています。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら