【日経バイオテクONLINE Vol.3097】

Mmの憂鬱、動脈硬化の古くて新しい治療標的、慢性炎症

(2019.02.07 10:30)1pt
宮田満

 ちょっと古い話ですが、武田薬品工業が生活習慣病の新薬で売り上げを急上昇させていた頃、同社中央研究所所長を歴任した大村栄之助元専務取締役と病気の根源的な原因について議論をしたことがありました。大村元専務の「そりゃ慢性炎症が万病の原因だ」と断言した言葉がまだ耳に残っています。リンフォカインやサイトカインの中和抗体が自己免疫疾患の治療薬として、1998年の「レミケード」(抗TNFα抗体)発売を皮切りに多数の長期抗炎症作用を持つ抗体医薬が商品化されました。蓄積したその症例を解析した結果、慢性炎症が動脈硬化の原因であることを証明する事例が集まってきました。今月発表された論文でもそれが裏付けられました。まさにバイオ医薬の普及によって大村元専務の洞察の正しさが証明されたのです。今後、これらの抗体が他の生活習慣病にも効果があるということが続々と報告されるかもしれません。ただし、よほどの重症例や家族性の患者を除き、高額な天然型抗体医薬が生活習慣病の治療に使われることは想像しにくいと考えます。慢性炎症を抑制する経口薬やサプリメント、そして慢性炎症を起こす生活習慣を正すデジタルセラピューティクス(アプリ)の出番です。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧