【日経バイオテクONLINE Vol.3092】

Mmの憂鬱、神戸にCART細胞製造拠点を設置したNovartis社の世界戦略

(2019.01.31 10:30)1pt
宮田満

 一時、CAR(Chimeric Antigen Receptor)T細胞研究グループを解散、抗癌剤研究部門に統合したためスイスNovartis社の関心は薄れたのではないかと噂されていたCART細胞事業に、Novartis社が本格的に取り組むことを表明しました。全世界にCART細胞の製造拠点を確保することに乗り出してきたのです。2019年1月29日に神戸医療産業都市推進機構にCART細胞の製造技術移転完了を発表したのはその一端にすぎませんでした。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧