【日経バイオテクONLINE Vol.3082】

Mmの憂鬱、この期に及んでイノベ人材育成費を減額する文科省

(2019.01.17 10:30)1pt
宮田満

 イノベーションはどこから生まれるか?



 私は、志(欠乏を知り解決しようとする)を持った人材の頭脳と心から生まれると考えています。少子高齢化と物質に満たされた我が国でこうした人材をどう育てればよいのか? 本当は育てられるか疑問ですが。来年度、文部科学省がイノベーション人材の教育のために何をしようとしているのか、年の初めに検証したいと思っています。2019年度の科学技術イノベーション人材育成・確保の予算案総額は246億9900万円。残念ながら、2018年度の258億6200万円から12億円弱も減額されてしまいました。人口減少故にやむを得ないという言い訳も聞こえてきますが、人材に投資しなくては、今の我が国に生きる道は残されていないと思うのは私1人でしょうか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧