【日経バイオテクONLINE Vol.3071】

Mmの憂鬱、希少疾患治療の三種の神器

(2018.12.20 08:00)1pt
宮田満

 現在、仙台に移動中です。東北メディカル・メガバンク機構の定点観測取材です。2年後に東日本大震災復興予算が終わるため、今、新たな研究の枠組みを模索しています。今回の取材は回を改めてご報告いたしましょう。さて、本日は我が国にも上陸した希少疾病治療薬開発のベンチャー企業、米Amicus Therapeutics社の研究開発戦略を報じます。最大の疑問は「何故、同じ疾患に対して複数のモダリティの新薬を開発しているのか?」でした。来日したベトナム出身の同社研究開発担当副社長の答えは、なるほどとうなずかせるものでした。

◎参考記事

希少疾患治療を革新する化学シャペロンがとうとう発売

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/06/18/00348/?ST=wm

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧