Mmの憂鬱、次世代CARTが満たすべき6条件

(2018.11.08 08:00)1pt
宮田満

 まずは訂正です。2018年11月6日の記事で「CD20に対するCART細胞」と書いたのはCD19に対するCART細胞の誤りでした。本日の記事も含めて、現在、商業化されているCART細胞はCD19を認識します。さて、前号の記事の反響が大きかったので、今回もCART細胞を取り上げます。4つもの実用化の壁がそびえていますが、CART細胞が今後の癌治療で重要な地位を占めることは間違いありません。抗PD1抗体など免疫チェックポイント阻害薬と共に、患者の免疫の再構築の切り札となるためです。癌患者を救うのは、患者の免疫系の覚醒と復活にすぎません。それに貢献する次世代CART細胞の姿が、ほんのりですが見えてまいりました。

◎関連記事

CART細胞に立ち塞がる第4の壁

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/11/05/00393/?ST=wm

我が国でもCART細胞販売申請、立ち塞がる3つの壁

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/04/19/00331/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧