印刷する

閉じる

【日経バイオテクONLINE Vol.3040】

Mmの憂鬱、CART細胞に立ちふさがる第4の壁

(2018.11.06 11:00)1pt
宮田満

 10月の下旬に、ノバルティス、そしてセルジーンが相次いで記者やオピニオンリーダー向けに、白血病の特効薬と期待されているCART細胞の説明会を開きました。先行するノバルティスは2018年4月23日に我が国に製造承認申請を提出し、そしてセルジーンは治験届を既に我が国に申請中であることを明らかにしました。これで第一三共が米Kite Pharma社(現在は米Gileads Sciences社傘下)から導入、治験中であるCART細胞と合わせて、3つのCART細胞が商品化、もしくは商品化目前に迫っています。今回の説明会ではCART細胞の高額医療費の説明に両社とも汗をかいていましたが、実は会場には、もう1つCART細胞の実用化第4の壁がそびえていたのです。

◎関連記事

我が国でもCART細胞販売申請、立ち塞がる3つの壁

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/04/19/00331/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら