【日経バイオテクONLINE Vol.3030】

Mmの憂鬱、核酸医薬時代を脅かす未知の毒性

(2018.10.23 08:00)1pt
宮田満

 これまで日米欧で合計8種類の核酸医薬が誕生しました。気の早い読者の中には核酸医薬の時代に突入したと判断する方もいると思いますが、果たしてそうでしょうか? まだまだ未知の毒性と薬物送達システム(DDS)の問題は未解決であると考えています。革新的なモダリティ故の生みの苦しみはこれから始まるのです。DNA/RNA2本鎖ヘテロ核酸という革新的な核酸医薬によって脳内にも核酸医薬を伝達する可能性を開いた東京医科歯科大学の横田隆徳教授ですら「まだ毒性の問題は解決すべき課題として残る」と、2018年10月18日に開催された日本医療研究開発機構(AMED)「革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業」の成果報告会で指摘しています。今回は核酸医薬の毒性に焦点を当てます。

◎関連記事

欧米でsiRNA医薬発売、素直に喜べぬ舞台裏

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/09/05/00374/?ST=wm

核酸医薬に未来を見た

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/04/26/00198/?ST=wm

“ALN-RSV01のフェーズ2B臨床試験失敗”の深刻さ

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120618/161649/?ST=wm

siRNA医薬のフェーズIII試験は失敗したのか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/bc/0000/0224/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧