現在、日本医療研究開発機構(AMED)がスポンサーしたELSIのセッションを取材しながら、このメールを書いています。前回の学会でのアンケートで、約70%の参加者がELSIを知らなかったことに衝撃を受けたAMEDが、編成したセッションです。ばたばたしていますので、今回のメールでは短く、先週びっくりしたことをお知らせいたします。オミクス解析によって、疾患概念が急速に変化しつつあることは今まで報じてきましたが、なんと患者団体も米国では急速に変貌していました。患者/顧客がここまで変わるのですから、医療や新薬開発も大きく変わらざるを得ないのです。

◎参考記事

FDAが疾病概念の変更を承認、抗癌剤開発新時代

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/06/19/00233/?ST=wm

個別化する分子標的薬、BMの変革不可避に

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/05/01/00201/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)