2018年9月11日に東京で開催された第1回SARTORIUS イノベーションフォーラムで、遺伝子治療研究所の執行役員が示した1枚のスライドに衝撃を受けました。このスライドは、2017年に米国では再生医療よりも、遺伝子治療の治験申請数が上回ったことを明確に示していました。iPS細胞の開発で巻き起こった再生医療ブームに我が国はこの10年沸き返っておりました。しかし、その間に米国は遺伝子治療の実用化を着々と進めていたのです。何でもかんでも再生医療の時代は終わりました。今回のメールでは、治療対象疾患で競合する可能性が高い、遺伝子治療と再生医療の利害得失を比較してみます。





◎参考記事


遺伝子治療開発意欲を削ぐカルタヘナ審査


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/23/00369/?ST=wm


遺伝子治療の規制緩和に踏み切ったFDAの鼻息


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/20/00368/?ST=wm


周回遅れの我が国遺伝子治療の生きる道


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/08/06/00365/?ST=wm


米国で初の遺伝子治療認可、AAVベクター旋風始まる


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/12/20/00293/?ST=wm


細胞医薬の時代が始まった


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/09/04/00263/?ST=wm


iPS細胞産業化の条件


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/03/08/00169/?ST=wm


再生医療の夢と現実、産業化を阻む3つの問題


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/03/22/00026/?ST=wm


自他自。他家移植だけが再生医療ビジネスの未来ではない


https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150511/184540/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)