データシェアリング(共有)が医療を変革しつつあります。従来の医学研究者は自分たちの症例を抱え込み、私蔵していました。たまに学会で症例報告をするものの、症例こそ医学研究の力と誤解して、囲い込みに汗をかいていました。しかし、21世紀に入り、患者中心のまっとうな医療が浸透するにつれ、この旧弊が徐々に打破されるようになってきました。我が国でも最先端のゲノム医療や未診断疾患イニシアチブ(Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases:IRUD)では、今やデータシェアリングが不可欠になってきました。もう少し先には、共有した医療のビッグデータを機械学習や深層学習で解析し、医学を進展する大きなうねりも存在します。新しい医療の風が吹き始めたのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)