【日経バイオテクONLINE Vol.3000】

Mmの憂鬱、欧米でsiRNA医薬発売、素直に喜べぬ舞台裏

(2018.09.06 08:00)1pt
宮田満

 2017年から2018年は新薬の革新的なモダリティの実用化の当たり年です。ポスト抗体医薬を担うアンチセンスDNA、遺伝子操作、CART細胞療法、次世代抗体医薬の実用化が世界市場で始まりました。そしてとうとうsiRNA医薬の世界初の商品化も、2018年8月10日に米国で、そして欧州でも8月30日に販売認可が与えられました。日本でも2018年内に製造承認申請する予定です。しかし、輝ける第1号siRNA医薬である「ONPATTRO」(patisiran)ですが、よく調べると、この医薬品の延長線上には少なくとも肝臓を標的とした次のsiRNA医薬の成功はおぼつかないことが明らかになってきました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧