あと10分で取材に出かけなくてはならないので、本日のメールは短くまいります。国産の核酸医薬の年内申請がほぼ確実となり(医薬品医療機器総合機構(PMDA)が受け取れば)、来年半ばにも製造承認申請される可能性が濃厚になってまいりました。我が国にも核酸医薬の春が来る、のです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら