【日経バイオテクONLINE Vol.2968】

Wmの憂鬱、雪崩を打ちCART細胞療法に参入した日米企業の死角

(2018.07.19 08:00)1pt
宮田満

 「肺癌でEGFRに突然変異のある患者の半数以上に癌組織にT細胞の浸潤が無い」と我が国最高の肺癌の専門医が指摘しました。この発言で、なぜ、抗PD1抗体のような免疫チェック阻害薬の奏効率がせいぜい20%にとどまるのか、その理由が分かりました。最近、我が国の企業が参入ラッシュを繰り広げるCAR(Chimeric Antigen Receptor)T細胞療法の必要性にも納得がいきました。CART細胞療法は間違いなく第5の癌治療の柱になるのです。その死角を本日は議論してみたいと思います。

◎関連記事

細胞医薬の時代が始まった

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/09/04/00263/?ST=wm

微妙な記者発表から透けたCART細胞第3の頸木

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/09/15/00265/?ST=wm

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Webマスターの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧