あまりの天才ぶりに、ボストンでは「未来から来た少年」とあだ名される米Massachusetts Institute of Technology(MIT)のBroad InstituteのFeng Zhang主任研究員に、先週京都でお会いしました。全く、普通の学生の趣。背も日本人並みで凡庸なイメージでしたが、講演するとそのアイデアは素晴らしかった。2018年4月にZhang氏が設立した2番目、3番目のゲノム編集のベンチャー企業の狙いをズバリ聞いてみました。ゲノム編集にも次世代の流れを巻き起こしていました。

http://zlab.mit.edu/

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら