【日経バイオテクONLINE Vol.2929】

Wmの憂鬱、明日大日本住友がまく1粒の種子がオープンイノベーションを変える、かも?

(2018.05.24 08:00)1pt
宮田満

 2015年から大日本住友製薬はPRISMというオープンイノベーションを展開してきました。塩野義製薬が開始したオープンイノベーションとほぼ同じタイプの共同研究で、2種類の公募を行っていました。第1は研究開発シーズ募集型創薬共同研究です。大日本住友製薬が興味を持つ疾患領域(2018年度は精神神経領域、神経疾患、精神疾患、神経発達障害などと、癌領域以外で有効な治療薬が存在しない疾患)に対して、臨床試験の医薬品候補(最適化研究、前臨床研究、治験フェーズIとIIaの段階)を持つ研究者との共同研究です。これは随時受け付けています。まさに医薬品のシーズを取り込むことを狙うものです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧