【日経バイオテクONLINE Vol.2922】

Wmの憂鬱、そんなことだったの? インフルエンザワクチンが効かぬ訳

(2018.05.15 08:00)1pt
宮田満

 現在市販されているインフルエンザワクチンは感染防御効果が薄く、症状の緩和に貢献するだけだといわれていますが、その理由がさっぱり分かりませんでした。しかし、インフルエンザに感染した患者さんがどんな抗体を体内で生産するかという、最近発表されたプロファイリングの解析の結果、「なんだ、そんなことだったのか?」と効かない理由が腹に落ちました。私たちはマウスに効果のあるワクチンは製造していたのですが、ヒトに効くワクチンの標的を誤っていたのです。ヒトのB細胞が製造する抗体を1細胞ごとにプロファイリングする技術は、抗体医薬の効率的な開発だけでなく、ワクチンの開発にも今後不可欠な技術となりそうです。

◎参考記事

「ヘムライブラ」我が国でも承認、その背景にあったもう1つの技術突破

→実際にはヘムライブラにはこの技術革新は活用されておらず、抗C5抗体などで活用されるようになりました。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/03/26/00322/?ST=STwm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Webマスターの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧