【日経バイオテクONLINE Vol.2919】

Wmの憂鬱、米国市場でキイトルーダが凌駕、一体PD-L1は何だったのか?

(2018.05.10 08:00)1pt
宮田満

 武田薬品工業がとうとうアイルランドShire社の買収に踏み切りました。両社の株主の了承が得られるかが次の関門です。この買収のリスクに関して解析した下記の記事をぜひお読み願います。製薬企業同士の買収といういささか古いビジネスモデルの最後(日本国内の再編成を除き)となるかもしれません。本日は単なる数字合わせではなく、真の意味の3兆円新薬の臨床開発で火花を飛ばしている抗PD1抗体を分析します。とうとう米Merck社の「キイトルーダ」が、小野薬品工業・米Bristol-Myers Squibb(BMS)社の「オプジーボ」を米国市場の売り上げで追い抜くことが確実になったのです。勝敗を分けたのは、治験戦略の差でした。キイトルーダの肺癌での適応拡大をじっくり分析すると、抗PD1抗体のコンパニオン診断薬と目されたPD-L1を巧みに利用しつつ、最終的に捨て去った同社の戦略が明らかになります。一体、抗PD1抗体にとってPD-L1とは一体何だったのでしょうか?

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧