【日経バイオテクONLINE Vol.2910】

Wmの憂鬱、我が国でもCART細胞販売申請、立ち塞がる3つの壁

(2018.04.24 08:00)1pt
宮田満

 ノバルティスファーマが昨日、2018年4月23日午後4時頃、我が国で初めてCART細胞「CTL019」を製造承認申請したことを発表しました。今回は慌てて,年内にも認可確実のCTL019を分析致しましょう。どうやら3つの関門が、この画期的な細胞医薬の前に壁として立ち塞がりそうです。

◎関連記事

細胞医薬の時代が始まった

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/09/04/00263/?ST=wm

微妙な記者発表から透けたCART細胞第3の頸木

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/09/15/00265/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧