【日経バイオテクONLINE Vol.2897】

Wmの憂鬱、なぜ、再発性卵巣癌のオラパリブの処方にコンパニオン診断薬は要らぬのか?

(2018.04.05 08:00)1pt
宮田満

 前回のメールで、コンパニオン診断薬が形態学的・臓器別疾患概念を刷新し、原因別疾患概念を提示したことで、抗癌剤の開発が変わろうとしていることを報道しました。しかし、その記事を読んだ読者の心の中には大きな疑問が生じたはずです。英AstraZeneca社が開発、我が国でも抗癌剤として2018年1月19日に再発性卵巣癌を適応症に、製造販売承認を獲得した「リムパーザ」(オラパリブ)ですが、この承認に関しては、オラパリブのコンパニオン診断薬であるBRCA1/2の変異を検出する「BRACAnalysis診断システム」は、対象患者を鑑別するために義務付けられなかったのはなぜか、という疑問です。今後、原因遺伝子や標的遺伝子変異に基づいて、疾患概念が変わっても、実は臓器別や組織別の癌によっては、コンパニオン診断薬が義務付けられない場合もあるのです。癌組織の多様性が原因です。ちょっと複雑になってまいりました、頭を整理致しましょう。

◎参考記事

2つのコンパニオン診断薬が開く、抗癌剤新時代

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/04/02/00324/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧