Wmの憂鬱、「ヘムライブラ」我が国でも承認、その背景にあったもう1つの技術突破

(2018.03.27 08:00)1pt
宮田満

 2018年3月23日に、中外製薬は2抗原特異抗体「ヘムライブラ」(エミシズマブ)の販売認可を我が国で獲得しました。日米欧3極で国産第4番目の抗体医薬の商業化が進みます。血液凝固第VIII因子に対する中和抗体が生じた血友病A患者の特効薬となります。今後、症例数が蓄積されれば、こうした制限無く、血液凝固第VIII因子の市場を代替する可能性も十分あります。まずは世界市場で2000億円を突破するブロックバスターとなることは間違いないでしょう。エミシズマブの開発物語は下記の参考記事を参照願います。必ずアドレナリンが出るほど面白い。その記事で1行だけさらっと書いた技術突破が、実は大きな意味を持っていました。このメールではそれを深堀りしたいと思います。何故、後発の米Regeneron Pharmaceuticals社が抗体医薬の商業化をリードする一角を占めるようになったか、これで納得いたしました。

https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20180323150000.html

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧