【日経バイオテクONLINE Vol.2796】

Wmの憂鬱、進化する他家iPS細胞再生医療の2つの頸木

(2017.11.02 08:00)1pt
宮田満

 再生医療も進化しつつあります。iPS細胞由来の他家細胞医療が今後続々と臨床研究に入る見込みです。末梢血由来のiPS細胞ストックを活用した神戸の理化学研究所・大阪大学が他家網膜色素上皮懸濁液の臨床研究を今年始めたことを突破口に、慶應義塾大学の心室細胞と神経前駆細胞の臨床研究計画が、倫理委員会と特定認定再生医療等委員会に提出されています。また、10月5日には第一三共と大阪大、同大発のベンチャー・クオリプスがiPS細胞由来の心筋細胞の開発に着手したことを発表、来年に臨床研究を開始すると宣言しました。今年1月の臍帯血由来iPS細胞ストックの供給停止により、多くの臨床研究で8カ月から18カ月臨床開発が遅滞したものの、今や雪崩を打つがごとく臨床研究が始まろうとしているのです。しかし、皆さん、ここで気を付けなくてはならないことが2つあります。今回は、その実用化の頸木(くびき)に焦点を当てました。

◎参考記事

iPS細胞ストック一部供給停止の真実

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/30/00156/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Webマスターの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧