【日経バイオテクONLINE Vol.2794】

Wmの憂鬱、1塩基編集技術登場、遺伝子疾患治療に光明

(2017.10.31 15:00)1pt
宮田満

 先週の金曜日にお約束した通り、先週の木曜日にNature Onlineに発表された1塩基編集技術についてご紹介しましょう。今回の発表によって、ゲノム上にある4種の塩基(ATGC)を1塩基ずつ精密に、また自在に変換することができるようになりました。しかも、ゲノムDNAを切断したり傷つけたりすることが無いため、より安全なゲノム編集ができます。まだPAM配列の制限は残るものの、ある種の究極のゲノム編集技術ともいえるものです。これによって、1塩基変異による遺伝子疾患を治療できる可能性が生まれてきました。遺伝子変異が原因であることが多い希少病の治療に光が差してきたのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Webマスターの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧