スイスのジュネーブで、第5回日経アジア感染症会議の講師招請のため、世界保健機関(WHO)や感染症治療薬・診断薬の支援機関と交渉中です。我が国のイノベーションを、アジアやアフリカなどの感染症問題の解決にどう役立てるか? 技術突破も必要ですが、開発や普及のために必要な国際的支援を得ることも重要です。また、当該国との外交関係を通じた共同治験の展開など、一民間企業では手に余る問題を、P3(Private Public Partnership)によって、日経アジア感染症会議で解決を少しでも進めようと思っています。ここに来て感じるのは、熱帯感染症などはもうけにならないという思い込みを、市場経済だけではない国内外の支援によって突破しようという意欲と実際の動きです。真のイノベーションを望むなら商品化に不可欠なフレームワークまで創り出す必要があるということです。こうした世界の動きに、コップの中に潜んでいる我が国の企業がいつまでも背を向け続けることはできません。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)