【日経バイオテクONLINE Vol.2602】

Wmの憂鬱、我が国初のリキッドバイオプシー検査キットの正体

(2017.01.19 08:00)1pt
宮田満

昨年最後のメールでリキッドバイオプシー(LB)が我が国で認可目前であると伝えました。とうとう2016年12月26日に診断薬として認可(適応拡大)されました。米国に遅れること3カ月で我が国でも、患者に侵襲が大きい生検を血液の採取で代替することが可能なLBが年内にも実用化されます。現在、ロシュ・ダイアグノスティックスは保険収載の申請を検討中です。癌治療の最適化や将来はゲノム医療の予防医療への拡大の鍵を握るLBが、間違いなく今年の前半にも商品化される見込みです。今回はその商品化第1号の詳細を報道します。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「データ駆動型R&Dの最新事例」
    2019年9月12日(木)開催!「データ駆動型R&D」とは何か。創薬の研究プロセスにも応用可能なデータ駆動型R&Dの先進事例を紹介。米Merck、アステラス製薬、富士フイルムなどの取り組みから学ぶ、新しい研究開発手法のヒント。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧