タイがただ喪に服して沈んでいると思ったら大間違いです。気温も高いが、この国はエネルギーに満ちており、アジアの立派な中心国に成長、さらにイノベーションによって先進国を望むべく大きく動いておりました。1990年代の中国の熱気をBangkokで感じました。実際、タイは新国王の下でバイオを含むイノベーションによる立国、タイランドver4.0を国家計画として推進していました。ここではバイオテクノロジーによる農業・食品産業の革新と、高齢化を見越してバイオによる新たな健康産業の振興を目指していました。今回の取材ではワクチン開発の最前線を担う研究者にインタビューすることができました。一体タイで今何が起こっているのか? 現地からリポートいたします。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら