本日はこれからパネルをやらなくてはならないので、短くメールを差し上げます。いよいよ、我が国が世界に先駆けて創製したRNAポリメラーゼ阻害薬「アビガン」の新型インフルエンザ治療薬としての備蓄の検討が我が国でも始まりました。インフルエンザ薬もエイズ薬と同様に、複数の治療標的を対象とした医薬品を活用する時代がいよいよ始まろうとしているのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら