【日経バイオテクONLINE Vol.2568】

Wmの憂鬱、IgA抗体医薬は、便移植を凌駕する?

(2016.11.24 08:00)1pt
宮田満

【訂正】当初、記事中に「IgY」の記述がありましたが、「IgA」の誤りでした。お詫びして訂正します。

 前号の続きで、先週の金曜日に開催された奈良先端大東京フォーラム2016「免疫研究が切り開く未来医療」から、腸内細菌を制御するIgA抗体を取り上げます。便移植というちょっと心理的に壁のある治療法より、よっぽど受け入れられやすい腸内細菌叢改善医薬が誕生するかもしれません。

●関連記事

癌治療の画期的な標的、PD1の生理的な機能は何か?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/11/21/00127/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧