ゲノム編集技術の進展も目を見張るものがあります。DNAの編集だけでなく、RNAを編集する技術突破も、米国のゲノム編集技術開発競争の焦点となって参りました。米国では猛烈な競争の真っ最中ですが、これで驚いてはなりません。実は、RNAの編集技術に関しては我が国が先行しています。このメールでも第4世代のゲノム編集技術として既に紹介しており、我が国政府の大型プロジェクト予算(NEDO)にも取り上げられました。ここに来てにわかに国際的に注目されたRNAの編集技術に焦点を再び当てます。ひょっとしたら高感度のmRNAやmiRNAなどの診断薬開発にも繋がる可能性が出てきました。


◎参考記事


第4世代のゲノム編集技術が招く新世界


https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/16/06/15/00064/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら