鶴岡のバイオクラスターでは猛烈に工事が始まっていました。スパイバーの本社に加え、宿泊施設や幼児の教育施設などの建設がもうすぐ始まります。現在は道路工事が進んでいます。現在までに6社のバイオベンチャーが集結、国立がん研究センターや理化学研究所などのメタボローム研究室も移転してきました。将来は農業関連のメタボローム施設の誘致にも成功すれば、文字通り鶴岡が日本のメタボローム研究の聖地となることは間違いないでしょう。そんな鶴岡バイオクラスターをリードするスパイバーが、次の一手を打ってきたのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら