2016年5月27日に開催された第10回厚生科学審議会再生医療等評価部会は、我が国の再生医療の実用化を大きく加速する2つの決断を下しました。マスメディアでは、糖尿病治療でブタの膵島移植を可能とした異種移植の解禁だけを報道しておりました。もちろん、これは大塚製薬工場が海外で臨床試験を展開している免疫隔離膜カプセルに格納したブタ膵島の重症糖尿病薬としての実用化やヒトiPS細胞とブタ受精卵のキメラ胚を作り、ヒトの臓器形成をする研究を後押しするものですが、再生医療全体へのインパクトとしては、この部会で決定されたiPS細胞の品質管理に全ゲノム解析を必ずしも必要としないと断言した研究班の報告の方が大きい。これによって、昨年来、iPS細胞の再生医療全体がはまっていた“ゲノムの罠”からとうとう脱出できたのです。しかし、当然のことながら、臨床研究という美名の下に、本来なら排除できるリスクを患者へ一方的に押し付けて、インフォームドコンセントさえ取れればよいという態度は禍根を残します。造腫瘍性を移植細胞作製時に可能な限り除去する努力は続けなくてはなりません。実際こうした努力の成果である第2世代のiPS細胞再生医療研究が萌芽しつつあることを忘れてはならないのです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)