米Pfizer社が米WAVE Life Sciences社と提携、核酸医薬に本格参入しました。WAVE社はオリゴ核酸の純粋な光学異性体を製造する技術を持つことが強みですが、もう1つの強みが糖鎖(GlcNAc、N-アセチルグルコサミン)をオリゴ核酸に結合したDDSです。米Alnylam Pharmaceuticals社もGlcNAcを結合したsiRNA製剤で臨床治験フェーズIIに到達しています。今まで、生理的な機能があるのかあやふやであった糖鎖に、再び脚光が本格的に当たってきました。



 皆さんの強いご要望に応え、2015年11月より、月間500円でWMの憂鬱のコラム及び記事を総て読み放題にいたしました、これからは、何回でもお読みいただけます。ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。WMの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。



※日経バイオテクONLINEの読者は、以下のログインボタンを押して記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)