昨日、三井不動産が強力なエンジンとなって、日本橋にバイオクラスター形成を展開中ですが、それを加速するための第2回日本橋ライフサイエンスシンポジウム(主催:日本橋ライフサイエンス委員会)が開催されました。そこで登場したいずれも株式上場に成功したバイオ・医療関連ベンチャー企業3社の創業者の話がめちゃくちゃに面白く、そして深い教訓を与えてくれました。本日はヘリオス、メドピア、テラの3社の社長の「私はこれで会社を潰しました/潰しそうになりました」と題して、いかにして修羅場をくぐり抜け、今の成功を勝ち取ったかを報告いたします。意外にも失敗と成功には極めて類似したパターンがあり、会場にいた有力バイオインフォマティシャンと、バイオベンチャーの暗黒時代のデータをビッグデータ解析すれば、必勝パターンが分かるかも、と2人でニンマリしたほどです。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)