Wmの憂鬱、政府の施策も空振る、我が国のバイオベンチャー市場の欠陥【日経バイオテクONLINE Vol.2385】

(2016.01.28 10:51)1pt
宮田満

 現在、新幹線で新神戸に向かっております。小保方さんの手記が本日発売されるため、神戸の夜を楽しむこともできません。本日は、1月15日に開催したバイオの投資・ライセンス関係者の勉強会「バイオファイナンスギルド」の新年セミナーで日本のバイオベンチャー動向を展望しましたので、「今年のバイオベンチャーはこうなる」のではないか? という議論をいたします。株価やベンチャー企業動向は講師のいちよし経済研究所山崎清一主席研究員の資料に基づきます。しかし、山崎主席研究員の教えを聞けば聞くほど、我が国のバイオ投資の問題点が浮き彫りになりました。ここを直さないと、政府、中でもおっとり刀でバイオ・医療ベンチャー振興に手を染めた厚生労働省の努力も大空振りになりかねません。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧