さて本日は、日本は物作りでは世界一だという皆さんの幻想を崩さなくてはなりません。少なくともバイオシミラーの製造業では、我が国の企業は韓国の後塵を拝する格好となっています。でも、まだ「リツキサン」(抗CD20抗体)のバイオシミラーは、抗体依存性細胞障害作用が必要で、とても韓国の企業は造れないと高をくくっていたら、韓国Celltrion社が2015年11月10日にリタキサンのバイオシミラーCT-P10を欧州医薬庁に申請したと報道されました。我が国の大手製薬企業も開発に難渋していたリタキサンのバイオシミラーを韓国企業が軽々と製造できることを示したのです。もうバイオでは日本の物作りが最強というのはノスタルジーに過ぎないのです。

  ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

 ※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら