バイオイメージング最前線(第25回・特別編)

2017年ノーベル化学賞受賞決定に寄せて 「溶液中の生体分子を高分解能で構造決定できるクライオ電子顕微鏡法の開発」

(2017.11.20 00:35)1pt
2017年11月20日号
村上 聡=東京工業大学 生命理工学院教授

 本年のノーベル化学賞の栄誉は「溶液中の生体分子を高分解能で構造決定できるクライオ電子顕微鏡法の開発」に与えられた(文献1)。昨今、Nature誌やScience誌をはじめとする一流科学誌上で、かくも頻繁にクライオ電顕解析による生体分子の立体構造、とりわけ生理的に重要な生体超分子複合体の立体構造が報じられていることを鑑みれば、この受賞は当然といえる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧