若手研究者の肖像(第31回)

上智大学理工学部物質生命理工学科 近藤次郎 准教授

次のポスト決まらない状況から一発逆転、結晶構造解析で核酸の「動き」を捉える
(2017.11.06 00:33)1pt
2017年11月06日号
高橋厚妃

 上智大学の准教授である近藤次郎は、DNAやRNAを対象とした、X線結晶構造解析を得意とする研究者だ。蛋白質の結晶構造解析を手掛ける研究者は、世界や国内に多く存在するが、「核酸のみを対象にX線結晶構造解析を専門に手掛けているのは、国内では自分だけではないか」と近藤は話す。核酸は、体内で二重らせん構造を取るのが常識とされているため、多くの研究者は、核酸の構造を解析しても新発見が無いのではと考えているためだ。しかしDNAは、特定の配列の場合、二重らせん以外にも四重らせんや八重らせん構造をヒトの体内で取り得る。「核酸の構造解析は、核酸医薬の研究開発でも今後重要となるのではないか」と近藤は話す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧