日経バイオテク4月25日号「研究室探訪」(第4回)

アルツハイマー病の予防薬を目指す、Aβ、タウ、αシヌクレインの一網打尽

大阪市立大学大学院医学研究科・認知病態科学 富山研究室
(2016.04.25 00:03)1pt
2016年04月25日号
小崎丈太郎

 「民間企業からアカデミアに移ったときは、基礎研究に力を入れようと思っていたが、考えが変わってきた。今では一刻も早く、患者に治療薬を届けたいと考えている」と語るのは、大阪市立大学大学院脳神経科学の富山貴美准教授だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE アカデミック版」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧